ゲーム内容

ゲームは一例をピックアップしてみました。

殲滅戦 2人以上

2チームに分かれて、それぞれの陣地からスタートし、制限時間内に敵を全滅させたら勝利となる。
または、制限時間の終了時点での生き残り人数によって勝敗を決める。

 

カウンター殲滅戦 2人以上

2チームに分かれて、それぞれの陣地からスタートするところは通常の殲滅戦と変わりはない。
自陣にリスポーン(復活)地点があり、ヒットせれたらその地点まで戻りカウンターを押し、ブザーを 鳴らすと復活出来る。何度でも復活可能だが、カウンターの数の少ない方が勝利となる。

 

捕虜救出殲滅戦 8人以上

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。殲滅戦とルールはさほど変わらないが
最初のヒットで相手チームの捕虜となり、決められた地点に収容される。その際、武器は審判により 自陣のリスポーン地点まで運ばれる。敵の目を盗み脱出を試みるか仲間の救出を待つかどちらかの 選択になる。2回目のヒットで戦死となり、フィールドサイドに出る。制限時間に達した捕虜を除いた 生き残りの多いチームが勝利となる。

 

メディック戦 6人以上

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。各チームに1人ずつメディック(衛生兵)を決める。
ヒットした場合はその場に倒れメディックを呼ぶ、各チームでメディックと呼ぶ方と衛生兵と呼ぶほうで 分けることによりチームがわかるようにする。メディックにテープを貼られる事により復活可能だが、2回目 のヒットで戦死となりフィールドサイドに出る。メディックがヒットした場合は自分で治療が可能とする。
自分にテープを貼り復活となるが、メディックは3回目のヒットで退場とする。制限時間内に生き残った 人数の多い方の勝利となる。

 

大将戦 6人以上

殲滅戦のルールに加え、各チームで大将を決め相手側には公表しない。大将はブザーをベルトに 掛けた状態でゲームを行う。ヒットされた人はその場に倒れこみ、ヒットを取ったチームはベルトに 掛かったブザーを探し当て鳴らしたほうが勝利となる。

 

ドミネーション 2人以上

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。フィールド内に裏表色違いのプレートを配置し ゲーム開始後プレートをそれぞれのチームの色に返していく、ヒットされた場合はリスポーン地点で ブザーを鳴らし復活可能。自チームの色が多い方が勝利となる。

 

葉隠連携戦 3人~4人

タクトレ ステージ1でツーマンセルでタイムトライアルを行う。その際前方のキューブから攻撃を 受ける。ヒットされた場合最初からのスタートとなる。タイムの短い方の勝利となる。

 

タクチャレ ポジションなし 4人以上

相手チームのゴールにフィールド内に落ちているボールを拾い投げ込み点数を競う。ヒットされた場合は フィールドサイドに出る。どちらかのチームがゴールを決めた時点 で一旦ゲームがリセットされ、 再度スタート地点からゲームが開始される。制限時間内にポイントを多く得たチームの勝利となる。

 

タクチャレ ポジション有り 10人以上

ポジションなしとルールは変わらないが、ポジションが着いてくる。各チーム アタッカー、ライフルマン スナイパーのポジションに分かれ戦う。各ポジションの人数はチームで考えて決定する。
アタッカーはハンドガンのみの所持が可能で弾数は30発までとする。1マガジンのみ使用可能。 ライフルマンはメイン武器にライフルを所持、サブでハンドガンも所持可能 弾数は無制限だが
セミオートのみの使用となる。
スナイパーは唯一フィールドライン外のコンパネからの狙撃が許される。ボルトアクションのみ使用可。
弾数制限は無いが1マガジンのみ。ローダーの使用は可能である。
各プレイヤーは制限時間内に弾切れの場合は復活出来なくなってしまう。
どちらかのチームがゴールを決めた時点で一旦ゲームリセット、制限時間内にポイントを多く得た チームの勝利となる。

 

フォックスハント戦(3人以上)

少人数チームの1人がシールドを持つことが可能。1人か2人組が逃げる側のチーム、多人数が 追う側のチームとなる。時間内に全滅するか逃げ切るかで勝敗を決める。

 

要人警護戦(6人以上)

2~3人チームが要人を1人警護しながら脱出地点を目指す。制限時間内に要人が脱出することで 勝利。攻撃側は、3~5人で要人を倒すか脱出阻止すれば勝利となる。

 

センターフラッグ戦(4人以上)

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。中央キューブの両サイドにブザー又はホーンを 設置し双方のチームで奪い合う。どちらのホーンを鳴らしても良い。時間内にホーンを鳴らした回数の 多いチームの勝利とする。

 

シークレットフラッグ戦(4人以上)

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。各チームでフラッグを設置する位置を決め相手に 公表せずに設置する。相手チームのフラッグを早く奪った方の勝利となる。キューブの中など分かりにくい 場所の設置は不可とする。ヒットされた場合フィールドサイドに出て待機となる。
制限時間内にフラッグを多く取ったチームの勝利となる。

 

コーン挿入戦(4人以上)

2チームに分かれそれぞれの陣地からスタートする。各チームスタート地点に3個ずつコーンを置き 相手チームの決まった地点まで運ぶ。コーンは怪我した戦友という設定の為コーンに被弾した場合も ヒット判定とする。ヒットされた場合は自陣のリスポーン地点までコーンを持ち帰り復活できる。

 

ツーマンセル バトルロワイアル(8人)

フィールドの角4箇所からのスタートとなる。2人1組で戦い、どちらか1人でもヒットされれば負けとなる。
最後の1組になるまで行い勝敗をきめる。

 

ハンガーゲーム(2人以上)

フィールド内にスタッフが武器を配置し、フィールド中央から武器を持たない状態でスタートする。
合図と共に武器を拾い戦闘を開始する。ヒットされたらフィールドサイドに退出する。最後に残った人の 勝利となる。武器は最初に選んだ物以外は使用できない。弾切れの場合は、フリーズコールを狙うしか方法はない。
※基本的には、各ゲームに18禁戦(AJ)と10禁戦(BJ)があり、交互に実施する。

※以後AJ、BJと明記する。