まず、タクティカルチャレンジとは?

タクティカルとは戦術的な。戦術上の。等の意味があります。チャレンジは挑戦するという意味です。

単純に戦術的な挑戦となるのですが、

チームで作戦を立て連携を取りながら進み戦う。また、一人一人が役割をはたす為に技術を磨いたり

道具の選択に悩み相談したりと、コミュニケーション能力UPとスキルUPが出来るようなフィールドを提供していきたいと思っております。

 

安全第一の遊びですので安全に対するスキルアップが最も重要だと考えます。

常にセーフティーに入れるクセをつける事やトリガーに撃つ時以外指を掛けない等、基本的な動作。それから銃口管理がしっかりと出来るようになるというのが理想です(^O^)私もまだまだなのですが、、、

安全に対し常に意識し、仲間と声を掛け合いながら安全の注意喚起を行ったりとコミュニケーションをとりながら作戦を立て、ゲームに挑む。ゲーム後の休憩ではゲーム中のやられちゃった話などをしながら

盛り上がるのですが、上手なお客様方にこうすればやられなかったのではないかとか、こういうときはこのように動けば良いとかアドバイスも頂ける。うーん、理想的ですねーー(^∇^)

文章力が無いのであまりわからない内容になってしまいましたが、まとめるとコミュニケーションをとり作戦を立て戦術的に動きゲームに挑む。役割を果たすためには

個人のスキルも重要になってくる。その為にお互いがカバーし合いながらスキルUPしていく。

 

つまり、戦術的な動きが出来るように協力しながら楽しみましょうということです

当フィールドでは、子供たちもたくさん遊んでおります。(*^◯^*)

10禁エアガンも18禁エアガンも威力の違いだけで扱い方は何も変わりません。

子供達には10禁エアガンで遊んでいただくのですが、楽しみながら銃の扱いを覚えていっていただければと思っております。最低限の安全確保は徹底してスタッフが行い個人のスキルアップと共に自然と安全意識が向上していくのが理想であります。

大人と子供とのコミュニケーションの中で注意喚起を行いお互いが安全について考えることが出来れば最高ですね。

 

ゲームでのルールやマナーなども子供たちには覚えていってもらいたいのですが、当フィールドのゲームルールは単純なもので復活の出来るものが多いです。

その為、ルールは簡単に覚えられます。マナーについてですが、正直、子供たちは夢中になりすぎてヒットしたことに気づいてない子もいます。

しかし、ゲームを重ねていくと自然とヒットコールを叫ぶようになってくるのです。

 

不思議ですねー(*^◯^*)こういった子供たちの成長をみているととても微笑ましく教育の場としてもサバイバルゲームが有効だと最近は思っております(^O^)

自己申告のゲームというのがとても重要で、ゾンビ行為やオーバーキル等の行為をゲームの中で自然と良くない行為だととらえていくのだと思います。

大人の方々もぜひ10禁戦参加してみては??

話が長々となってしまいましたので、ちょっとまとめてみますとタクティカルチャレンジの目指すフィールドとは、

最近は家に閉じこもりがちの子供たちも健康的に外で駆け回り、全く違う学校の子供達や年齢の異なる子供達、また大人たちとも話したり遊んだり出来る交流の場

単純に大人から子供まで安全に楽しむ事が出来るフィールド。ということです。