サバイバルゲームの歴史

サバイバルゲームの原型は、1970年代にアメリカで生まれました。   牧場で牛にマーキングする為に使用されていた「ネルスポットガン」と呼ばれるペイント弾を発射するガンを使用して撃ち合いをしたことから始まりました。   日本ではそれ以前からモデルガンでの撃ち合い(の真似)や銀玉鉄砲での撃ち合いなどがありましたが、アメリカから伝わってきた概念と合わさることで、80年代には日本におけるサバイバルゲームの原型が誕生していました。。

また、1970年後半に「ツヅミ弾」を使用したエアガンを使った戦争ごっこから始まったという話も。発祥地は日本とされている。当初はオモチャ然とした外見のエアガンが多かったが、1982年にマルゼンから実銃を模したリアルな外見を持ちBB弾を使う「KG9」が発売された。これをきっかけに、サバイバルゲームは現実の銃を再現したリアルな遊戯銃を用いる遊びとして定着し、全国へ広がっていった。

玩具の銃と模擬弾を用いたいわゆるコンバットゲームは、サバイバルゲーム以前にもアメリカで生まれていたが、海外では、塗料を含んだ弾を用いる”Paintball”の方が当初は盛んであった。サバイバルゲームと比べると、この”Paintball”は、ルールの厳密な制定・遵守が特徴的で、よりスポーツ然としている。  アメリカのコンバットゲームは、80年代に日本のサバゲー文化が流入してからは、本格的な装備・銃を用いるサバゲーと、スポーツ性の高い”Paintball”に二分され、現在ではどちらも盛んに行われている状態である。

その他、中国・韓国・台湾といったアジア諸国、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア諸国にも広がりを見せている。

「サバゲー」では通用しないため、アメリカを中心とした海外では、BB弾を発射する銃の総称を用いて”Airsoft”などと主に呼称される。

なお、日本国内では一般的に「エアガン」という単語は遊戯銃を示すが、厳密に言えば遊戯銃は「エアソフトガン」もしくは「エアーソフトガン」と呼称するのが正しい。エアガンと呼ぶ場合、空気銃(実銃)を含む場合もある為、公の場では注意が必要である。本稿では便宜上、遊戯銃をエアガンと呼称する。

その後、各地に広がっていき南の鹿児島でもユーザが増えていってます。